FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雄町な二本


醸し人九平治純米吟醸 雄町650円(写真右)

愛知県名古屋市緑区大高町

今や愛知県のトップブランドとなった感もある醸し人九平治。
蔵としては山田錦を使われるコトが多いですが、個人的には雄町のほうが、より蔵の個性を際立たせると思います。

雄町の50%精米で、もう一本の瀧自慢より上立ち香は控え目。
しかしながら含み香は、熟れた果物のようなフルーティーさがあり、九平治らしさがしっかり出てますね。

飲み味も含み香同様に、濃密で深みある旨味が最初にきて、九平治最大の魅力でもあるキレのよい酸と絶妙なバランスを見せます!


瀧自慢純米吟醸 備前雄町600円(写真左)

三重県名張市

こちらも雄町の50%精米ですが、テイスティングした結果はかなり印象が違ってました。

蔵付きの自家培養酵母を使って醸されており、九平治よりも若い、甘味はあってもフレッシュな香りが豊かに広がります!
飲み口も若干軽め。
ですがそこは雄町ですから、やっぱり濃密な旨味がありますよ。
九平治が「どっしり」だとしたら、瀧自慢は「しっとり」ぐらいのニュアンスですかね。


どちらも雄町の良さを引き出した、素晴らしいお酒だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。