FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まろやかなお酒2本


宗玄純米酒 生酒600円(写真左)

石川県珠洲市

日本酒好きの間では、かねてより定評のある能登の銘酒。
丁寧に小仕込みで醸されたお酒は、旨口のキレのある酒質となります。

兵庫県産特A地区の「山田錦」にこだわり、純米酒ながら55%精米と高精白。
今の時期となると生酒は、口当たりはフレッシュさよりもまろやかさが目立ちます。
冷やおろしのように(冷やおろしは生詰め)旨味のノリと柔らかさが出てくるんですよね。

合わせる料理を選ばない、優れた食中酒だと思います。


陸奥八仙特別純米 冷やおろし550円(写真右)

青森県八戸市

まだまだ暑い日が続いてますが、冷やおろしの第一弾が登場です!
八仙は日本酒度は低めで、酸による力強いキレが特徴の銘柄。
その多くが開栓直後に活性感を持ち、ピリッと刺激的なお酒ですよね。

しかしこのお酒は冷やおろしと銘打っただけあって、いつもの元気はなく穏やかです。
口当たりがホントに優しくて「これがホントに八仙!?」って感じ。
しかし後半はさすがですね。
いつものような力強い酸がグッと押し上げてきて、余韻をバッサリ切ります!

宗玄とタイプが似ていますが、こちらのほうがメリハリがはっきり出ます。
脂の乗った魚や煮物と合わせたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。