スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レア物2本


浦霞純米辛口550円(写真左)

宮城県の海沿いにある塩釜市の蔵。
浦霞は宮城でもトップクラスのメジャー蔵、酒楽でも以前はレギュラーを張ってました。
そんなメジャー蔵ながら、今回の純米辛口はレア物なんですよ!
特別純米や禅なら、色んな所で見られますけど、この純米辛口は県内でもウチの酒屋さんしか取り扱いがありません。
蔵のホームページにも載ってないレア物なんです!
旨味とキレのバランスの良さが特徴の浦霞。
それがいつもよりも辛口に仕上げながらも、ちゃんと旨味も感じさせる、ワンランク上の純米酒を醸してきました。
派手さはありませんが、抜群の安定感があり、日本酒好きを唸らせる、シブい酒ですねぇ。


くどき上手純米吟醸 酒未来550円(写真右)

山形県羽黒市の蔵です。
吟醸酒に特化した蔵で、香り良い日本酒を数多く作っています。
今回は珍しい酒米の「酒未来」を採用した純米吟醸。
酒未来という米は、同じ山形県のトップブランド「十四代」の蔵が、18年もの歳月をかけて開発した品種です。
今回の純米吟醸は、その酒未来に「小川酵母(協会10号)」を合わせて、フルーティーな仕上がりに。
南国のフルーツを連想させる豊かな香り、旨味たっぷりで余韻は長く続きます。
先述の浦霞と対照的なスタイルは、日本酒の幅広さを実感させられますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。