スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏吟醸が続々と!

夏限定の吟醸や夏酒が、次々とやってくるようになりました!
この時期に出てくるお酒にはいくつかのパターンがあります。

まずはアルコール度数を低めにしたり、アミノ酸度を低めに抑えた淡麗タイプ。
このタイプのお酒はスッキリと軽快な飲み口で、アルコール感も少ないので、夏バテする時でも飲みやすいですね。

次に活性タイプ。
にごりや澱絡みの生酒で、瓶内発酵で溜まった炭酸ガスによる微発泡があります。
シャンパンのようにシュワッとした喉越しが、夏にピッタリの爽快感。

最後に濃醇旨口な生原酒。
このタイプは、そのまま飲むとチョットしんどいんですけど、ロックで飲んでも味が崩れないのがイイですね!


夏になるとビールやサワー系になりがちですけど、夏も日本酒はウマいんですよ!
スポンサーサイト

夏向きの飛露喜


飛露喜吟醸生詰め600円

福島県会津坂下町

麹米山田錦・掛米五百万石の50%精米。
麹米と掛米の組み合わせは特別純米と同じ、飛露喜お得意のパターンですね。

春から初夏にかけての期間限定品で、爽やかな香り高く、軽快な飲み口がイイ感じです
飛露喜の中でも一番軽やかなのが、この吟醸生詰めとなります。

越乃寒梅入りました!


越乃寒梅特撰吟醸酒700円

新潟県新潟市

山田錦50%精米

誰もが一度は耳にしたことのある銘柄でしょう。
元祖プレミア酒、新潟の淡麗辛口を世間に知らしめた銘柄です。


香り高い吟醸酵母がいくつも開発された現代において、このお酒の香りは穏やかな部類になるでしょう。
すっきりと清涼感あるほのかな香りです。

極めて軽いタッチの口当たりで、アルコール感もほとんど感じられず、スルスルと喉の奥へと入っていきます。
まさに淡麗、水のような滑らかさ(決して水っぽいワケじゃないですよ)。

意外と若い方だと、越乃寒梅を飲んだこと無いってこともあるかも知れないですね。
一度飲んでみても損はないですよ!

GW明けの新メニュー

5月に入ってガラッとメニューが変わりました!

初夏のモノでは、「新竹の子(ウニ和え)」600円だったり「わらび」500円が登場。
わらびは山葵風味の割醤油をかけてお出ししています。

酒楽夏の定番「寄せそうめん」550円も今日から始めましたし、「豚しゃぶ」650円もやってますよ~。

そしてこれからの時期に欠かせないのが「鱧(はも)」ですね!
今年は一発目から良型のハモが入ってきました。
ご注文を頂いてから骨切りしたハモを、サッと湯にくぐらせて氷水で締めた「はも梅肉」850円は、これから登場する夏吟醸系の冷酒とベストマッチです!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。